海外大学ではエッヂの効いた専攻をしろ

海外大学、というよりは、アメリカの大学のことである。アジア圏やヨーロッパの大学のことはよくわからんので、ご勘弁いただきたい。

ちなみに近所の大学の専攻一覧を見てみる。

UCLA College | Departments and Programs

Art History

Asian Languages & Cultures

Classics

Comparative Literature

English

French & Francophone Studies

Germanic Languages

Indo-European Studies

Italian

Lesbian, Gay, Bisexual, and Transgender Studies

Linguistics

Near Eastern Languages & Cultures

Philosophy

Scandinavian Section

Slavic, East European & Eurasian Languages & Cultures

Spanish & Portuguese

Writing Center and Writing Programs

Ecology and Evolutionary Biology

Integrative Biology and Physiology

Microbiology, Immunology, & Molecular Genetics

Molecular, Cell, and Developmental Biology

Psychology

Society and Genetics

Atmospheric and Oceanic Sciences

Chemistry & Biochemistry

Earth, Planetary, and Space Sciences

Mathematics

Physics & Astronomy

Statistics

Aerospace Studies

African American Studies

American Indian Studies

Anthropology

Archaeology

Asian American Studies

César E. Chávez Department of Chicana and Chicano Studies

Communication Studies

Economics

Gender Studies

Geography

History

Military Science

Naval Science

Political Science

Sociology

上記はいわゆる教養学部の専攻であり、全部で45個あるようだ。これに加え、芸術学部、工学部、音楽学部、看護学部、映画学部があるので、おそらく専攻は100個くらいだろう。 

ポケモンを集めるように、自分の専攻をコンプリートすることを妄想するのは結構楽しかったのである。私は上述のとおりのラインナップであったが、もっとエッヂを効かせても良い。数学と美術、ビジネスと文化人類学(これは意味なさそうw)、コンピューターサイエンスと哲学、等々。ブラウザ三国志でいう合成である。合成させて自分をパワーアップさせよう。

 

何を勉強しても良い、日本的にいえば文系でも理系でも、なんでもクラスを取って良いのだ。良い成績を修めるのは難しいが、それだけやり甲斐があるというもの。

 

ちなみに、日本人含めアジア人に人気があるのは今も昔もビジネス専攻だと思う。