ロサンゼルス ダウンタウン界隈のコワーキングスペースを調べてみたよ

最近、昼のおちごと以外のプロジェクトを進めるための拠点がすごく欲しいのだ。昼のおちごと場は、私以外みんな真面目なのか、社畜根性をインストールされているのか、平日の夜でも休日でも必ず誰かがいる。なので、エロブログの更新とかは気軽に出来ないw

 

ということで、私が本業以外に作業(主にエロブログの更新、たまにTwitterを眺める)するための、できるだけ意識高く、でもおサイフには優しい仕事スペースを探してみたいと思う。

 

現在ロスに住んでおり副業されている方、日本から出張やプロジェクトでロスを訪れる方の参考になればありがたい。

 

今回紹介するコワーキングスペース

1. WeWork

2. Opodz

3. Kleverdog Coworking

4. BizHaus 

5. El Camp

6. Work Evolution 

 

1. WeWork

www.wework.com

現在ロサンゼルス界隈に14の拠点あり。ダウンタウンには2つ。

同じWeWorkでも拠点が違えば、利用料は異なるようだが、主に3種類のプラン。

 

Private Office(個室)

Dedicated Desk(専用デスク)

Hot Desk(フリーアドレスのデスク)

 

エロブログを更新したいのなら、個室プランでないとマズイだろう。Hot Deskで作業していたらつまみ出されて、出禁になる。

 

さて、WeWork 14拠点のうち、例えば、LAダウンタウンのここは如何だろうか。

 

WeWork - Vine 

 

 

WeWork Vineは、次のような料金プランだ。

f:id:beerlovelove:20180407102906p:plain

フリーアドレスのデスクで月に$450は安いのか高いのか分からない。オフィス内は潜入取材していないので雰囲気は分かりかねるが、↓のように意識高いことは間違いなさそうだ。

f:id:beerlovelove:20180407103152p:plain

 

 

2. Opodz

www.opodz.com

 

 

なんと発音して良いか分からない。スペイン語だろうか?

 

ところで、ロサンゼルスは、宿敵ニューヨークと同様、人種が多様である。中でも、最ヒスパニック系が勢力をどんどん大きくしている。街中では彼らの公用語であるスペイン語だらけ。元々貧困なアメリカの食は、メキシコやその他ラテン系の食文化によって大いに助けられていて、個人的にはとても感謝している。

 

さて、Opodzの料金プランを見てみよう。

 

Day Pass(1日券) $20

Open Desk(1ヶ月券) $299

Dedicated Desk(1ヶ月券+専用デスク) $375

 

ほう。1日券があるのが良い。仮に週末だけ利用するとしたら、1ヶ月に8回、$160。これはお財布にやさしい。

場所はリトル東京と呼ばれるエリアにあるので、腹が減ったら日本食にはアクセスし易いかもしれない。

 

3. Kleverdog Coworking

Home - Kleverdog Coworking

 

 

クレバードッグという名前の通り、犬も連れてきても良いコワーキングスペースのようだ。インスタグラムを見ると犬の御用達のオフィスのようだ。

 

www.instagram.com

 

場所はダウンタウンLAの中華街。

 

料金体系を確認しよう。

 

f:id:beerlovelove:20180408073302p:plain

 

1日券 $25

月に10日間 $150

月額通い放題 $275

スタジオデスク $375 (スタジオデスクが個室の中にある机なのかただの専用机なのか不明)

チームオフィス月額 $1,200 (デスク3つが支給されるようだ。おそらく個室だと思う)

 

1日パスがあるので、お試しできるのがありがたい。また週末副業ワーカーなら、$150プランもちょうど良いかもしれない。

 

4. BizHaus 

www.bizhaus.com

 

 

ビズハウスはダウンタウンではなく、ビーチ側である。El Sequndoという空港のお膝元だ。

 

料金体系を見てみよう。

f:id:beerlovelove:20180408080954p:plain

 

どうやらここは1日利用券がないようで、月額のショバ代を払う必要があるようだ。オープンデスクで月$175から。安いのか高いのか分からない。

現在はビーチサイドに2拠点あるようだが、ダウンタウンにも進出するらしい。先に紹介しているコワーキングスペースとの違いは、場所柄駐車場問題が無いということだろう。ダウンタウンは駐車場代で$10〜20は持ってかれるからね。

 

5. El Camp

www.elcampusa.com

  

 

 こちらもダウンタウンではなく、El Segundoにあるコワーキングスペース。HBOのドラマ「Silicon Valley」のセットにも使われたようで、意識高い系である。ぜひサイトの写真で確認してもらいたい。エロブログを更新するには申し分ない場所だ。

料金体系を見てみよう。

f:id:beerlovelove:20180408082725p:plain

 1日入店体験は$25のようだ。月額メンバーシップは$350から。

 

6. Work Evolution 

www.workevolution.co

 

 働き方改革という名前のコワーキングスペースだ。エロブログで副業している身としては色々考えさせられてしまう。

場所はロサンゼルスダウンタウンではなく、南に30〜40分ほど下りたロングビーチという街だ。ここは、ロサンゼルスよりも家賃がまだ安い。しかし、アートの文化が割りと強くあり、ギャラリーやタトゥーショップ、ヒッピーな飲食店がぽつぽつあるエリアなのだ。

 

料金体系を見てみよう。

1日券 $25

月額パス(フリーアドレス) $150

月額パス(専用デスク) $250

 

1日入店体験があるので、これはありがたい。

 

以上、6つの場所を紹介してみた。私がの一言印象とともに、今一度おさらいしてみる。

 

WeWork コワーキングスペースの巨人軍

Opodz 発音できない

Kleverdog Coworking 犬がいる中華街のとこ

BizHaus これと言って特徴が思いだせないが、何か無難そう。空港のすぐそば。

El Camp 意識高い系。なんだったらチャンネーを連れてきて、ここが俺のオフィスとか自慢するのも一興かもしれない。

Work Evolution 場所がアート色が強い。スれてないかも。

 

と、いうことで、エロブログ運営作業に向いてそうな場所は、やっぱし見つからなかった。個人的には犬御用達のKleverdog Coworkingがひっかかる。

 

さて、もしウーバーではなく、車で移動する方がいる場合、自戒もこめて注意点を挙げておく。ロサンゼルスの中心エリア全般は、駐車場問題がある。無料で駐車できるスペースは皆無なのだ。1時間で数ドル、1日(日中8時間)で10〜20ドル程度の駐車場代を覚悟しておこう。BizHausやEl Camp、Work Evolutionはロサンゼルス ダウンタウンから外れたところにあるので、少しだけ駐車場代が安いことも想定されるが、無料で駐車できるスペースがあることは無いだろう。

 

それではみなさん、がんばって副業ライフを楽しみましょう。