自分のラウティング番号の確認方法

 

アメリカで生活していると、支払い方法としてラウティング番号(Routing Number)と口座番号を求められる場合が結構あります。

 

電気代や税金を支払う時、自動振込の設定の際に提出する必要が出てきます。

 

ではラウティング番号とは何でしょうか?

 

ラウティング番号とは、金融機関のID番号のようなものです。口座番号はその金融機関にある自分の口座のID番号です。ラウティング番号は、数多ある金融機関に固有に付与されている番号です。

 

で、このラウティング番号はどこで確認できるか。実は自分の小切手に書いてあります。

 

↓はChase銀行のウェブサイトからもってきた図です。小さい二つの正三角形と小さい一つの長方形に囲まれた数字がラウティング番号です。

 

f:id:beerlovelove:20170610005825p:plain

 

 

この小切手は一番左に表記されています。真ん中が口座番号で、右が小切手番号です。

 

色んなレイアウトがあるので、一番右に小切手番号、真ん中がラウティング番号の場合もあります。

 

そんな時は、小さい2つの正三角形と小さい一つの長方形に囲まれた数字がラウティング番号だと覚えておけば、割りと捗ります。

 

 

ちなみに、ラウティング番号はオンラインですぐに検索することもできます。「Routing Number Chase」といったワードで調べるとすぐに見つけることができます。