読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keurigのコーヒーメーカーが、満タンなのに要給水メッセージを表示しやがる時の対処法。

オフィスに来るとKeurigが飲み放題なのが地味に嬉しい。

 

Keurigってなんと読むのか分かりません。クーリグ?キューリグ?ケウリグ?

熱々のコーヒーを45秒くらいで淹れてくれるマシンです。この45秒が待機時間が一息いれるのに丁度良いんです。良い仕事をした後、テンパッてる最中、少し落ち込んだ瞬間、そんな様々なモーメントに、この45秒が心に沁みるんです笑。

f:id:beerlovelove:20170227053501j:plain

これはKeurig B150/K150という型。

 

とっても手軽にコーヒーを淹れることができるので、最近は1日4杯程度。仕事がはかどります。

Pods(ポッド?カップ?)と呼ばれるコーヒーの元をカートリッジにセットします。

 

カートリッジ

f:id:beerlovelove:20170227053825j:plain

 

ここにポッドをセットします。カチャッとレバーを下げると、パクッとカートリッジがポッドを包み込みます。

f:id:beerlovelove:20170227054128j:plain

 

カートリッジを開けて見ると、ポッドに穴が開きます。ここからお湯が流れるようです

f:id:beerlovelove:20170227053732j:plain

 

右側のディスプレイが地味にかっこいいです。これはお湯の量を指定する画面。正直8oz(236ml)が一番おいしい気がします。

f:id:beerlovelove:20170227054410j:plain

 

青く光るBrewを押すと、淹れはじめます。

f:id:beerlovelove:20170227054920j:plain

 

 

※注意点※

タンクにたっぷり入れた水を認識しない問題。

この150タイプ、右側がお湯タンクになっています。一番最初の写真でいう右側の長方形の部分です。

 

タンクにお湯/水を入れている様子

f:id:beerlovelove:20170227055722j:plain

 

で、ここにお湯が入っているにもかかわらず、マシンがこれを認識しないケースがよくあります。こんなディスプレイが表示。Lift Water Reservior、Fill Water Reservior、Replace Water Reserviorと言っています。水タンク持ち上げて、給水しろ、と。

f:id:beerlovelove:20170227055155j:plain

f:id:beerlovelove:20170227063804j:plain

f:id:beerlovelove:20170227063831j:plain

 

これエラーなんです。タンクにはお湯が満タンにも関わらずこのメッセージが表示され、コーヒーを淹れることができません。

タンクにお湯が入っているだけでなく、この棒をしっかりとタンク内に設置しないといけません。

f:id:beerlovelove:20170227060013j:plain

タンクの下部には、この棒の差し込み口が付いています。タンクと、この棒はカチッと噛み合うわけではないので、しっかり設置できているが不安ですが、それが仕様なようです笑。なんかいつもユラユラしてます。

f:id:beerlovelove:20170227060602j:plain

で、棒もタンク内に設置した、万事オッケーと思っても、まだ「要給水」メッセージが出続けることがあります。そんな時は、この棒をグリグリと動かしてやります。

f:id:beerlovelove:20170227060716j:plain

指先でグリグリ笑

f:id:beerlovelove:20170227060758j:plain

 

こんな手間が必要な時点で個体不良かなと思いつつ、「世話が焼けるやつほどかわいい」みたいな謎解釈で気持ち落ち着けてます。

このKeurig B150/K150、はアメリカで購入してアメリカで使用しています。英語でググッてみてもこの型の給水タンク検知不良の情報は特に見つけられていないので個体不良が濃厚です。

さて、グリグリとB150のツボを良い感じに刺激してやることで、ディスプレイがようやく元に戻ります。これで問題なくおいしいコーヒーが淹れられます。f:id:beerlovelove:20170227061233j:plain

ちなみに電源は後ろにあります。

f:id:beerlovelove:20170227061435j:plain

 

Keurig K150マシンのお値段は$250このスタバのバラエティパックは40個入りで約$40。つまり大体一杯$1。そんなに安くねえってのが正直な感想。だってスタバの一杯って$1.6くらいだもん。安さを求めるなら粉コーヒーをサラサラふってお湯で溶かして、ずずってのが一番。

Keurigは、おいしさと手軽さのバランスが整った「オフィスでの一息」を提供するエキスペリエンス、とまとめたいと思います。

 

オフィスに来るとKeurigが飲み放題なのが地味に嬉しい。もし従業員の職場環境を少し上げたいなと思っているマネジメントの方いらっしゃたら、Keurigお勧めです。