待機児童問題=超過需要というはなし

 待機児童が起きているのは認可保育園に対してであって、無認可保育園に入りたくて待機しているという話は聞いたことないです。

このエントリも認可保育園に入れた、入れなかったという話かと思います。

保育園落ちた日本死ね!!!

言い換えると、認可保育園の人気がありすぎて、その供給が追いつかないということです。これはいわゆる「超過需要」というやつ。

 

なんで認可保育園は人気がありすぎのか?

 

保育料が安いから。

 

これに他になりません。

待機児童問題の原因というのはとってもシンプルで、保育料が安いから子供預けよう、と考える人がいっぱいいる。そう考える人数が認可保育所の数より多い。すると需要がもれて待機児童が発生する。そう、認可保育所に対する需要超過が原因なのです。

 

 で、待機児童問題の原因が明快な上に、この解決策も(ある意味)非常に単純なんです。解決策は、

 

何もしなくていい

 

なんです。いや、何もしなくて良いはずなんです。普通の市場であれば。

車や食べ物やマッサージやいろんな産業がありますが、これらは自由市場で取り引きされています。市場でサービスが供給されている限り超過需要は勝手に解消されるはずなんです。市場ではつぎのような価格メカニズムが働き、超過需要が勝手に解消されます。

 

需要が多すぎる→保育サービスの価格が上がる(※1)→需要が下がるAND/OR供給が増える(※2)→需給が均衡する。

 

※1 サービス提供者としては、こんなに需要があるのであれば、今までより10%高い価格にしようと思います。

※2 ここでは二つのシナリオが考えられます。①今までより価格が上がったら購入を控えよう、という消費者。②そんなに高額で売れるのなら私も保育所を経営したい、と思うサービス提供者。この二つはいずれも大きすぎる認可保育に対する需要を抑える効果があります。

 

でも実際には待機児童は減らない。なんで価格メカニズムが効かないの?

 

理由は、認可保育所の運営(商売)が市町村から支給される公費から成り立っているからです。

保育所はサービス享受者(児童やその親)から料金を得るのではなく、市町村から運営費を受け取っています。

つまり、需要が多すぎるから保育料を上げよう、という一般企業では当たり前の仕組みを取り入れることができません。サービス享受者と提供者の間に市場がなく、価格をいじって需給を調節しようということができないのです。

 

かくして、認可保育所の保育料は低いままで、そこに預けたい保護者が後を絶たないという現状が起ります。

 無認可保育所は、認可保育所にくらべ保護者が負担する保育料が高いため、需要が抑えられています。そんなに高いんだったら、行きません、ということです。だから待機児童が発生しない。

 

認可保育所に入れる、入れないというのはさまざまなルールが各市町村であるんでしょう。ただその選別のルールが「負担する保育料(=価格)」でないため、もし抽選?に漏れた場合、ものすごく不公平感がある。

自分と同じ稼ぎの家計なのに、そちらは認可保育所で安価にサービスが受けられて、こちらは高額な無認可保育を選択せざるを得ない。または、高額な無認可保育しかないのであれば、あきらめて自宅保育します、という決断をせざるを得ない。

 

保育というのは社会福祉(公共のもの)の文脈で発展してきた産業なのでしょう。だから市場メカニズムが取り入れられていない。昔の国鉄電電公社、たばこ産業が自由化して大きく発展しました。現状の日本の保育を変えるには、それを市場メカニズムにさらす事が一番の刺激になると思います。 

 

アメリカの格安SIMを調べてみた

日本では格安SIMや格安スマホと呼ばれるサービスがあります。MVNO(Mobile virtual network operator)というサービスの別称です。

日本のMVNOには、LINEモバイルやDMMモバイルに代表されるでしょう。3大通信キャリアの平均的な月額利用料が7000~10,000円に対し、これら格安SIMの場合2000~5000円程度でしょうか(SIMぷるど~れさんこちらのエントリより)。

ではアメリカでこうした格安SIMというのはあるのでしょうか?大幅に携帯電話料金を節約することが可能なこうしたサービス、私としては非常に気になりました。

まずは私自身の現状のプランを確認。私はアメリカでは、T-mobileを使ってます。AT&T、Verizon、Sprintと異なり、年契約必要ありません。解約したかったらその月に解約可能。後腐れのない関係ですがすがしい。T-mobile以外は大抵2年縛りだと思います。メンドクサ。

 

T-mobileの下記のプランを購入してますが、ひと月$80です。

◆かけ放題

◆テキスト放題

◆ネット放題(4G回線 速度制限無し

 

さて、MVNOに乗り換えたらどれほどお得になるのか。

 

アメリカのMVNO格安SIM)業者は無数にあります。その中でも個人的に小売店舗を見たことがあるもの、どこかで見聞きしたことがあるMVNOを調べることにしました。

1. Boost Mobile

2. MetroPCs

3. Net10

4. Virgin Mobile

(アメリカ全土では、約90ブランドの格安SIM業者があります。Wikipedia参照。)

上記のブランドのスマホはアメリカのメガスーパーマーケットのウォールマートに大抵置いてますね。聞いたこともないこれらのケータイ/スマホ、一体何なんだろうな~と疑問でしたが、いわゆるMVNOってやつなんだと、ここ最近の日本の格安スマホに関するニュースやエントリを通して気付きました。

 

で、アメリカのどこの通信会社もかけ放題、テキスト放題を提供しています。差別化ポイントは4G高速回線で使用できるデータ容量の大きさです。まあ、日本の格安スマホ業界と同じことですね。

テキストし放題および通話かけ放題は前提として、下記ではデータ容量が何ギガまで高速回線(4G)か、またその最大容量が使えるプランの月額料金はいくらか、を調べています。

私の予想はデータ無制限やってる通信会社はT-mobileしか無いと思います。この段落を書いている現時点で4大通信キャリアは全部調べてませんが、少なくともVerizonではデータ無制限やってません。転職した会社で携帯電話料金を負担にしてくれていたので、それを機にT-mobileからVerizonに乗り換えました。その会社を退職後、自分でVerizonのBillを支払うようになってからこのプランに気づきました。高速データ通信量にキャップありって、どんだけクソかと思ってT-mobileにすぐ出戻ったんです。ちなみに私の月のデータの使用量は12~15ギガくらいです。

 

 1. Boost Mobile

無制限 $50/月

出ました。いきなり高速データ通信無制限で月額$50。T-mobileだけじゃないじゃん。たぶんこれ以上良い条件は出ない気がしますが、次行ってみましょう。

 

2. MetroPCs

無制限 $50/月

まじか、Boost Mobileと同様無制限ですね。私の当所の予想は良い意味でまったく当たってない。ちなみに$60/月で8ギガまでのHotspotが付いてくるプランも有り。それは要らないかな。

 

3. Net10

10ギガ $75/月

これこれ、こんな感じ。私のイメージどおりのアメリカの格安SIM。10ギガ以降は2ギガバイトの通信速度に落ちます。Boost MobileとMetroPCsのプランを知っていたら、Net10を購入することは非合理ですね。でもこの会社のロゴよく見るんですよねえ。儲かってるのかなあ。

 

4. Virgin Mobile

10ギガ  $45/月

Net10に比べればマシですが、やはりBoostとMetroのプランを知っている者にとってはかすんで見えますね。というかNet10の情弱ぶりが目立ってきます。

 

ということで、なんとT-mobileよりも合理性のある格安SIMがありました。Boost MobileとMetroPCsです。乗り換えることで、月額$30近くの節約になるんですね。

このエントリを作成する以前は、アメリカの格安SIMT-Mobileは大して差はない、T-mobileはほぼ格安SIMだ、くらいの認識でいました。改めます。乗り換え検討します。

 

さて、今回は4つの格安SIMしか調べませんでした。その結果$50でデータ無制限が手に入るということが分かりました。恐らくこれ以上の良いプランは無いと思いますが、もう少し別の通信会社を調べてみようかと思います。$40でデータ無制限とか出てくるかもしれない。

アメリカの物価は高いので、格安SIMもそうでないプランも日本のそれよりかなり割高かなと思っておりましたが、意外と健闘してますね。格安SIMの最安値は(今のところ)$50、4大通信会社でも$80。ということで冒頭に紹介した日本の月額平均利用料とそこまで大差ないみたいですね。

 

 

副業Uberドライバー1週間やって結構稼いだ話

UberLyft、Postamtes等のいわゆるRideshare(ライドシェア)サービスが米国では盛んです。

前々から消費者としてはこれらのサービスを享受していましたが、今回提供側になってみました。以前からUberドライバーになることに興味を持っていたので、自分の中では満を持して、でした。

サービス提供側として参加したライドシェアアプリは以下の3つです。

  1. Lyft
  2. UberEATS
  3. Postmates

Lyftは、Uberでもお馴染み、人を乗せるタクシーサービスです。UberEATSはUberの中で比較的新しいサービスですね。宅配フードのデリバリー代行です。Postmatesは買い物代行サービスです。※Uberでも人を乗せようと当初思いましたが、Lyftと被るのでフードデリバリーのUberEATSだけに絞りました。

 

なぜ今やってみたのか?

単純にお金が無かったからです。転職や引越しで出費が増え、銀行口座残高が200ドルを切ろうか、という状況でした。給料日まであと20数日、のっぴきならない状況でした笑。

それに加え、前述の通り前々からUberドライバーになることに興味を持っていました。Uberドライバーのみならずもっと広い意味で、サラリーマンとしての本業以外に副業を持つ、ということに憧れに近いを興味を持っていたのです。

日本でサラリーマンをしていた当時と異なり、こちらでは定時で帰れることもよくあります。私は独り身なので、仮に18時に退社した場合、就寝の23時までには5時間あります。この時間を使って副業をしてみたかったのです。

 

実際いくら稼いだのか?

UberLyft、PostmatesのDriver登録はそれなりにめんどくさかったのですが、その顛末は別の機会に。実際どのくらい稼いだか、をお伝えします。

 

1. Lyft

1週間で$181.69稼ぎました。下記は私の管理画面のキャプチャです。

f:id:beerlovelove:20170220073248j:plain

また、上記の記録によると1週間のうち勤務時間、つまりLyftアプリを立ち上げて「オンライン」というステータス(お客さんの乗車リクエストを受けられる状態)にしていた時間は、13時間56分でした。つまり時給は約$13となります。

そこそこの大人にもなって時給$13は低いかもですね。ただ14時間のうち、同時にUberEATSとPostmatesも起動し、そちらに多くの時間を割いていた日もありました。なので、正味10時間くらいで$182を稼いだ感覚でいます。そう考えると時給は$18。こんな高額アルバイトは、Bクラス以上の顔面偏差値を持つ日本の暇な文系女子大生がやるイベントコンパニオンか、Lyftドライバーかくらいでしょう。

 

2. UberEATS

 2日で$73.15稼ぎました。

 

f:id:beerlovelove:20170220080354j:plain

 上の私の管理画面の中段にDaily Earningsとあります。1日目である2/11は$45.69、2日目は$27.46でした。

で、Online Hours8時間11分となっています。前述のLyft同様、Uber Partner(サービス提供者側)アプリを立ち上げ、かつ「オンライン」にして注文を取れる状態にしていた時間となります。時間給になおすと$9程度とかなり低いですね。

ただ、これもLyft同様、ほかのライドシェアアプリを同時にオンラインにしていた時間もありました。LyftやPostmatesで配達中にUberEATSがガンガン鳴る、ということもあったので、正味の時給はもう少し高そうです。

UberEATSは、私は好きです。なんか気楽です。私は外食が好きなので、単純に他の人がどこで食べてるのかも気になるし。

で、UberEATSの特徴は、現金のチップがたまに発生すること。2/11の1:34の配達では、5ドル札のチップをもらったことを覚えています。チップを貰える肌感は10回に1回にくらい。

 

3.Postmates

2日で$26.61稼ぎました。

f:id:beerlovelove:20170220081724j:plain

2日、と言っても実際には計4回しか配達してません。アプリをオンラインにしていた時間は長いのですが、UberEATSやLyftに時間を割いていて、Postmatesのリクエストを逃すことが数多くありました。Postmatesの特徴は、チップが多いことでしょうか。上記の「Tip」が該当しますが、4回中に2回チップをもらえており、中には配達料よりも多いチップを払ってくれた人もいました。地味に感動します。Postmatesはロゴがかわいいし、オフィスや社員の雰囲気が私に合っていてお気に入りです。

 

ということで、3アプリ合計で1週間で合計$281.45稼ぎました。活動タイムは平日の18時~21時、休日の10時~17時というイメージです。

 

コストは?

さて、忘れてはいけないのが、コスト。$281を稼ぐために必要だった費用は何なのか?

それはガソリン。

2017年2月現在、ロスのガソリン価格は1ガロンあたり約$3です。私が使用した車は1ガロンあたり27マイル走ります。

 

各アプリでの走行距離

Lyft:163.5マイル

UberEATS:39.67マイル

Postmates:2.76マイル

3アプリ合計:205.93マイル

 

1マイルあたりのガソリン代を算出します。

1ガロン=$3

1ガロン=27マイル

27マイル=$3

1マイル=$3/27=$0.11

$0.11 x 205.93マイル=$22.88

つまりこの1週間の3アプリの為に使ったガソリン代は約$23でした。

 

結論 上述の稼ぎからこのガソリン代を引き、結果の利益は$258

 

まとめ

アルバイトの面接もいらない、資格や経験もゼロで良い、上司もいない、やりたい時にやれる。そんな副業で、1週間に$258稼げる。意外と悪くない?というのが私の印象ですが、みなさんは如何でしょうか。

 

毎週続けたら1ヶ月で$1000の副収入。レクサス車リースできるかも、1段グレードアップしたアパート住めるかも等、結構ささやかな夢が広がりますねこれ…。