商業音楽と非モテ

男性音楽家はテストステロンレベルが高く絶対モテるはずである。例えば、ミスチル。というか桜井和寿

 

ではなぜミスチル含め、J-POPの歌詞は徹底的な非モテなのか。

 

歌詞のイメージはこんな感じ↓

 

「君を想って、寝られない夜を過ごす〜♬」

 

キモい!

 

未練たらしく、元カノを想って歌う。しかもなぜか「僕」という一人称がデフォルトだったり、語尾がデス・マス調だったりで、徹底的にキモい。「僕はそれなりにやってマス〜、でも君がいたころと景色が違いマス〜♪」みたいな。オエっ。さっさと他の女口説きに行けよ。

 

では、なぜ歌い手本人はモテ(な筈)なのに、描写される男性像はキモいのか。

 

商業だからである。金儲けのためである。圧倒的にマーケットが広い非モテに向けた商品でありたいから。まさにそれこそが商業音楽(ポップス)ということなのだ。

埴輪はピアスをしたペニス説

今回も竹内先生の著作から小話を紹介。

 

遺伝子が解く! 女の唇のひみつ

  

埴輪(はにわ)はピアスをしたペニスを現しているという説である。

 

何を行っているか分からないかもしれないが、まあ待ってくれ。

 

そもそも何故人間がピアスをするかを考えてみる。少し長くなる。

 

現代では「装飾」のためにピアスをする人がほとんどだろう。デザインが美しいピアスを身につけることで自身の性的魅力をアピールするのである。おしゃれな服を着ることと同義である。

 

未婚の女であれば、きれいなピアスを耳につけることで、男からの求愛が数が増えたり、より優秀な男の目にとまる確率が上がるかもしれない。

 

男も同様に、かっこいいピアスを身につけて、少しでも自身に華やかな印象をつけたいのかもしれない。そうした行動はピーコック理論に沿ったものかもしれない。

 

さて、この男のピアスについてもう少し掘り下げたい。

 

上に述べた通り、ピーコック理論やハンディキャップ理論で説明したい。つまり、孔雀の雄は敏捷性に寄与しない(狩りに役立たない)にも関わらずひたすら羽をきらびやかにすることで、それでも生存しているという逆説性でもって遺伝子の優秀さをメスにアピールするという理論だ。

 

 このハンディキャップ理論で、タバコやアルコールの過剰摂取、刺青、暴走族や不良行為は説明できる。

 

私はピアスに関しても同様だと思っていた。つまり、ピアスをすることで自身を華やかにみせる。というより、自身を「悪目立ち」させるというニュアンスの方ががしっくりくるかもしれない。悪目立ちすることで、コミュニティ内で恋敵となる他の男(例えばリーダー格のアルファメイル)、敵対する部族、抗争相手のギャング等に目をつけられるリスクが上がる。大きく色鮮やかな羽を持つ雄の孔雀は、過剰な華やかさ故に敵の目に留まりやすいだろうし、大きな装飾のために敏捷性を損ねるハンディがある。同様にピアスはハンディキャップを背負うことで可能となるセックスアピールだ。

 

さて、今回竹内先生の著作で分かったことを紹介したい。というか私のハンディキャップ理論に対する更なる理解が深まったことを共有したい。

 

ピアスや刺青をすることのハンデは、単に悪目立ちする、つまり他の男からの標的になるリスクを上げるだけではない。ピアスや刺青で身体を傷つける結果、感染症を負うリスクもあるのだ。

 

ピアスや刺青文化は南の地域で強く見られるらしい。暖かい地域では感染症のリスクも、寒いところに比べれば大きいだろう。

 

ピアスや刺青をしてもピンピンしている場合、それは免疫力が強い証でもある。そうすることで異性にセックスアピールするのである。

 

世の10代が起こす不良行為(車両暴走、喧嘩等)は「悪目立ち」することが目的であり、ピアスや刺青も同様と思っていた。しかし、ピアスや刺青にはもうひとつの理由があった。それが、俺は感染症に打ち勝つ免疫力が強い個体だ、というアピールだったのである。

 

さて、タイトルである。竹内先生によれば、古来よりペニスにピアスをする風習が様々な地域であったようだ(前述の通り南の暖かい地域とか)。そう、日本のヤクザ以外にも馴染みの嗜み(たしなみ)だったようだ。

一般的なイメージである例えば下記の埴輪。腕の部分が半円を描いており、それがペニスに施されたピアスなのだ。丸い目は真珠が埋め込まれた部分とのことw。

と、言われれば確かにそう見えてくるかも…。つまり、こいつは、おーいハニマルくんとして教育テレビに出演してしまったのは全くのイケナイことだったのであり、本当はギラギラに女にセックスアピールを試みるまさに我々の愚息そのものだったのである。

埴輪バンク 貯金箱 SAN2041

 

 

 

 

 

 でもさあ、エッチできるかできないかって、ちんちん出す前に決まらない?ハンドテストやキストライ、家打診とかでさあ。ピアスしたちんちん見せるころにはゴールはぼぼ決定してるはずだぞ…。

 

 

 

Uberドライバーにはどうやってなるの?副業Uberのはじめ方

Uberドライバーは、いくつかステップを踏めば簡単になることができます。

 

下記に、どのようなステップを踏めばUberドライバーとしてお仕事が始められるかを記していきます。

 

これはLyftでもほぼ同様のプロセスとなります。(Lyftの方がプロセスの進捗は1週間程度早かったと記憶)

 

※私はアメリカの西海岸でUber/Lyftドライバーを経験しました。その際の収支は、こちらのエントリで紹介しています。

 

 

UberLyft)ドライバー登録のプロセス (ステップ1:前提条件)

 

 

 1)車があること

 

いきなり当たり前すぎるポイントでずっこけるかもしれませんが、重要です。商売道具の車がなくては、ドライバー登録は始まりません。

注意点は車の年式が古すぎると、ドライバー登録ができないこと。たしか、2017年1月当時、2009年よりも古い車は登録不可でした。

8年落ちの車、若い世代や経済的に厳しい個人であれば割りと普通に乗ってますよね…。

この「ある程度しっかりした車を所有していないといけない」という前提(足きり)に、当初は「?」と感じました。動きゃイイジャン、タクシーじゃあるまいし、みたいな。

ただ利用者からしたら、10~20年落ちの車で移動する信頼性&安全性&快適性、又は「20年落ちの車しか用意できない人(ドライバー)」に対する信頼感、という点から、これくらいの足きりはそりゃもっともだ、とすぐに得心しました。

さて、もう一つの注意点。車を保有していることと対になりますが、自動車登録の必要性です。当たり前過ぎてずっこけないで下さい。詳しく言うと、Uberドライバーとして活動する州の自動車登録が済んでいる、ことが必要です。

アメリカの自動車登録とは州ごとに行われます。例えばNew Yorkに居住しているなら、NY州の自動車を管轄する役所(Department of Motor Vehicle:DMV)で登録をします。

無いとは思いますが、アリゾナ州で自動車登録している車両を、カリフォルニア州Uber窓口で登録することはできません。

まあ、当たり前ですが、Uberコンプライアンスを遵守していないドライバーや車を斡旋するわけもいかないので、自動車登録が、そのドライバーが活動する州で、しっかりなされているかどうか、確認がされます。(州をまたいでお客さんを運ぶ、というケースは当然あることですので、これは問題ありません。)

最後の注意点。4ドアである必要があります。なぜがクーペはNG。まあこれもカスタマーエキスペリエンスを考えると当然でしょうか。クーペで、助手席に座るか、または助手席から「はい失礼しますよ」とかいって、リアシートに座りに行くか…。そんなエキスペリエンスはまっぴらといいますか。。

 

2)免許が有る

 

これも当たり前過ぎてずっこけちゃうかもしれませんが大事です。注意点は、アメリカの運転免許保有している必要があります。国際免許は不可です。

また、少なくとも1年間の運転経験があること、も条件のひとつです。すまりペーペーの新米ドライバーではUberを運転できない。(23才以下だと3年以上の運転経験が必要です。)

難しいのは、日本で1年以上の運転経験があり、アメリカで米国免許の保有期間が1年未満の場合。自動車運転の経験が1年以上であることは間違いないのですが、それをUberが納得するか、どうすれば了承してくれるか、は私には分かりません。英語で運転免許の発行履歴って出るんでしょうか?

 

3)21才以上

 

なるほど。21才以上でないとUberドライバーにはなれません。うん、まあなんか、未成年だと色々問題があるんでしょう。

 

4)自動車保険に加入している

 

これもまあ当然です。でもアメリカ人の中には意外とここでNGな人もいるかも。

自動車保険は通常のもので構いません。私の場合は1ヶ月に100ドル程度の保険に以前より入っており、それで問題ありませんでした。

Uberドライバー登録をするためには何か特別な自動車保険(商業保険等)は必要なく、通常のPerosonalなもので事足ります。

ただ、では実際にUberでお客さんを運んでいる最中に事故が発生した場合、その保険会社がお金を出してくれるかは正直怪しいです。保険会社としては、あくまで私用目的を前提にプレミアムを算出しているのであって、Uberでお仕事している際の事故リスクは勘案していない筈です。

恐らく、そういったトラブルがあったのでしょう、UberLyftも昨今は別途自動車保険を提供しているようです。最大1億円規模の保険を用意しているようです。毎月のプレミアムはめちゃ高いと聞きましたが。

 

 まとめ

 

以上が、アメリカでUberドライバーになる為の前提条件でした。簡単、と言いつつ、日本からぽっと来たての人だと実は意外と難しいかもしれません。

 

比較的新しい車があって、活動する州で自動車登録を済ませて、米国の免許を持って1年以上、自動車保険がある、とまあ「最低限まっとうな人」がUber(やLyft)ドライバーをやって下さいよ、というルールが存在することをご紹介したかったです。

 

次は、今回の「前提」がクリアしている人が具体的にUberドライバーとして登録し、実際にお客さんを乗せるまでのプロセスを紹介したいと思います。

起業クラスタの最強の英語勉強法

私は小学校低学年から野球をはじめました。結局、高校3年まで続けることになります。約10年間、日本のアマチュア野球の世界に身を投じて、こういう結論でました…

 

野球の練習ってクソだなっ!!

 

※クソだなってのは、おもしろくない、て意味です。

 

特に素振り。あれマジでクソ。この世で一番つまらない部類に入る行為。集中力の無い小学生に素振りとかさせるんじゃねーよ、クソか。

 

や、別に誰かに強制された訳ではなくて、当時の雰囲気である「野球を本気でやる奴は素振りをするもんだ」に完全に流されて、私も自宅の庭で嫌々素振りしてただけなんですけど。

 

で、おもしろくないだけならまだしも、なんか意味ないかもしれないって。当時は素振り至上主義みたいなのが蔓延して(いると勝手に思っていた)いて、素振りをしないと上手くなれない、素振りをしないと打者として成功しない、と洗脳されてました。

 

で、最近知った事実として、アメリカでは素振りという練習文化は無い。たぶん「素振り」という英単語は無いかも(詳しい人いたら教えて)。クソかよ。

 

ヤンキースに行った松井秀喜が「(メジャーにいる)今は、そういう練習(素振り)はしてない」と話していた瞬間が私のターニングポイントでした。や、もう野球辞めてましてたけどその時。「だよなー!!」ってのが私のその瞬間の感想。

 

アメリカでも少年野球は盛んですが、話を聞くに素振りはしてないみたい。良かったね、アメリカの野球少年たち。やっぱ誰もやんねーよ、あんな練習。

 

 

 

さて前置きが長くなりましたが、本題は英語のこと。

 

 

 

私は英語スキルを身につけるための勉強、つまり、英語の素振りが大嫌いなのです。そういう方多いのでは?

 

Duoとかで音源聞きながら、テキスト読んで、シャドーイングとか、そんな英語学習ほんとできません。おもしろくないから続かないんです。

 

アメリカに住んでいるので、英語を使う機会ってたくさんあるのでは?とい思うかもしれませんが、実はそんなことなくて(照)。日系の仕事に従事していたり、住まいが日系コミュニティであれば英語なんて使わないで暮らせちゃうのです。

 

そんな状況なので、ある程度は意識的に英語脳を鍛えなければいけない。

 

私のお薦めの教材は、次の二つのポッドキャスト番組を聴くことです。

 

これらの番組は知的好奇心を大いにくすぐられるので、楽しみながら英語学習(リスニング)が可能です。

 

ちなみに、このポッドキャストをストレスなく楽しむには、恐らくTOEIC750点程度のリスニング力は必要かと思います。

 

How I Built This

 

起業クラスタなら刺さること間違いなしの番組。2016年から放送開始され、恐らく50エピソード程度既に公開されています。

 

ゲストは必ず創業者です。この選定の秀逸さが、この番組の肝。このゲストリスト見るだけで、起業クラスタならワクワクすること必至。

 

例えば、テック界隈であれば下記のラインナップ。

 

AirBNB - Joe Gebbia

Kickstarter - Perry Chen

WeWork - Miguel McKelvey

Lyft - John Zimmer 

Instagram - Kevin Systrom & Mike Krieger

 

このメンバーを見るだけで、痒いところに手が届いてる感が分かると思います。

 

また、シリコンバレーだけでなくて、エンタメや飲食/フードクラスタも網羅してるのが憎い。

 

Clif Bar (エナジーバー)- Gary Erickson

Samuel Adams (ビール)- Jim Koch

Powe Rangers (戦隊ヒーロー番組)- Haim Saban

Lady Gagaのマネージャー - Troy Carter

Whole Foods Market - John Mackey

Five Guys (ハンバーガー屋)- Jerry Murrell

Vice(メディア)- Suroosh Alvi

 

などなど、秀逸なキュレーション。インタビュアーのお兄ちゃんの「聞く力」も凄すぎ。

 

私の一番好きな回はハンバーガー屋Five Guys。しかも、↓のくだりが一番好き。

 

Five Guys「俺はScale(多店舗展開)するつもりなんて全くなかったんだよ~」

インタビュアー「で、どのくらい店舗増えたの?」

Five Guys「2年で3500店舗。」

 

この展開が大好き。

 

 

さて、もう一つのポッドキャストはもう10年近くやっているであろうこちらです。

 

Freakonomics

 

詳細はまた後日書きます。

 

なんでSMとかいう変態文化あるの?

SMの謎、というか、なんでSMなどという奇妙な文化を人間は持っているんだ、という積年の疑問が私にはありました。

 

SMについての格言は、SはサービスのS、Mは満足のM。とか、SMの間には信頼関係が無ければならない、とか。

 

や、これらはこうした営みに対する1つの特徴を言い当ててはいるのかもしれませんが、なんであの奇妙な(痛み、苦しさ、劣等感、羞恥等々を意図的に作り出す)行為を我々は文化として継承しているのかの疑問は全く解消しませんでした。

 

時には流れて、先週の話。

 

竹内久美子先生の著作に、不妊で悩む女性にSMを試してみてはとアドバイスしていました。

 

SM行為で排卵が誘発されるのでは、という推論のもとです。

 

ミンクやラッコの交尾は暴力や出血が伴う。

こうすることで、排卵が誘発されるらしいです。

 

出血→排卵のメカニズムをもう少しブレイクダウンするとこのようなことでしょうか。

 

出血→身の危険→遺伝子存続の必要性上昇→排卵

 

↑これはあくまで私の推論であり、竹内先生はここまで言及していません。

 

先生はさらに続ける。恐怖、不安を感じることで排卵が促されるかもしれない。ニューヨークの大停電の後出産ラッシュが起こったと。

 

日本での震災の後も、似たような傾向があったかもしれないです。

 

https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1171310041

 

『震災後のおめでた
震災後、妊娠した友達が多く、みんなが冬に出産予定です。
震災後、夫婦の絆が深まっての結果でしょうか?(その逆の話も聞きますが…)
今年の冬は、日本全体的にベビーラッシュでしょうか。』

 


『通っている産婦人科の先生も以前通っていた産婦人科の先生も、なぜか大きな災害があった年は妊娠が多くなると言っていました。』

 

自然災害とSMを同時に語るのはややしっくり来ませんが、危機を感じることで排卵が誘発される、というのは理屈の上では理解できます。

 

レイプでの中出しが高確率で妊娠してしまうというのも同じ理屈でしょう。

 

 

積年の疑問、これにて解決。

 

かなりスッキリしました。

 

が、女性がMの場合はすんなり理解できますが、では男性がMの場合は?男性は排卵しません。

 

推測ですが、精子がより多くなるということなのでしょう。身の危険を感じることで、普段よりも精子工場の稼働が上がったり、製造される精子の品質も上がるのかもしれません。

 

このように進化生物学的にSMを考えると、かなりスッキリと頭の中が整理されるました。

 

SMだけでなく、その他の性的な趣味(ネトラレ、ロリ、乱交)も結構きれいに説明できるのが進化生物学です。

 

 

 

タトゥーをピーコック理論で説明してみる

タトゥー、刺青。日本でもアメリカでも、市民権得てます。

 

今ごろ日本でもタトゥーお断りの公衆プールや銭湯♨️はもう淘汰されてるのでしょうか?タトゥーの上に貼る肌色のシールなんてのも出てるらしいですね。

 

さて、なぜ人はタトゥーを入れるのか?というと、色んな理由が考えられると思うんですが、私はピーコック理論が明快に説明してくれていると思います。

※ピーコック=クジャク

 

簡単に言うと、タトゥーで悪目立ちしてるのに生き残ってる俺かっけぇぇ、ということです。

 

 ピーコック理論は別名ハンディキャップ理論と呼ばれ、次のような定義です。

 

捕食されやすい長い上尾筒を持つことで、健全な個体であると同時に生存に有利な遺伝子を持つことをアピールでき、優先的に子孫を残せるという説(Wikipedia - クジャク

 

 

オスのクジャクの大きな羽は外敵からの逃走や防御に不利に働きます。あの羽はただの見栄であり、実際の飛行能力や敏捷性にはまったく寄与しないのです。そのような「ハンディキャップ」を備えているにも関わらずそれでも生存している/生存できている事実が、メスに向けて自身の個体の優位性をアピールすることになるのです。

 

タトゥーをしていると様々な不都合が生じます。上述した銭湯お断りをはじめ、いわゆる「アウトロー」だと危険視される可能性を持っています。また、実際にアウトローの世界にいる方たち自身も過剰なタトゥー(例えば顔面や全身)によって、大いに目立つことになり、同業の方からの標的になり易い可能性も増えるでしょう。タトゥーはハンディキャップでしかないのです。

 

しかし、このような一見百害あって一利も無いタトゥーは、「それでも生存している」という事実を持って、「個体として優れている」というシグナルを送ることになります。つまり一利あったのです。

 

このハンディキャップ理論は、世にある不良行為のほぼ全てを説明できます。

 

喫煙や薬物摂取、昭和の時代であれば改造した学生服(まさにピーコック然としていますよね)等々、悪目立ちを引き受けることで、異性に対し「ハンデ背負ってるけど生き残ってる俺つえーだろ」というアピールだったのでした。

 

1ヶ月間米Amazonクレカを使ってみた感想

みんな大好き米国アマゾンがプライム会員向けにクレジットカードを発行したのが今年の頭でした。

 

正式名称はAmazon Prime Rewards Visa Signature Card。

 

私は米国在住なので早速申し込むことにしました。たしか1ヶ月程度で承認~カード発行のプロセスが終了したと思います。

 

 

 

このカードが驚異的なのは、付与されるポイントがかなり高いことです。※ポイントとはAmazon.com内で利用できるAmazonポイントです。100ポイント=$1相当。

 

 

還元率は5%、2%、1%の3種類です。どのような買い物をするかによって適用される還元率が違います。

 

5% Amazon.comでのショッピング

2% ガソリンスタンド、レストラン、ドラッグストア

1% 上記以外の買い物

 

ということで、米国アマゾン内での買い物にはなんと5%ものAmazonポイント還元がつきます。$100の買い物をしたら$5分のAmazonポイントが付与され、将来Amazon.comで利用できます。

 

 

さて、私は1ヶ月程度このAmazon Primeクレカを使用してみました。

 

結果的に貯まったポイントは2,832。100ポイント=$1なので、約$28相当のAmazonポイントをゲットしたことになります。実際に買い物した金額は$2,400程度でした。

 

ということで、当期間中の実質還元率は1.2%…。低い!

 

というのも、還元率を意識しながらこのクレカを使っている日々で気づいたのですが、俺Amazon.comで買い物しねえわってことです笑。

Primeビデオはヘビーユーザーですが、実際のお買い物って1年に数回じゃん…ってことに気付きました。

 

私は一般庶民なので、今回のクレカで購入した高額な物だと例えば車の修理で$500とか、レンタカーで$300とかって感じだったんです。例えば旅行で飛行機チケットやホテル代があったとして、まあ$1000程度は行くかもしれません。

 

ただ、Amazon.comで$1000近い買い物ってする?$500以上の買い物は?…私は無いかなあ…w。

 

ってことで、Amazon.comで買い物しない私にとってはクソどーでも良いモノとなりました。

 

 

ふと思った。Amazon.comで一番高い商品って何だろう?なんかこのドライヤー付き洗濯機が$2000超えで、多分最高値レンジでしょうか。これひとつ買ったら$100相当のポイント付くよっ、て要らねーわ。こうしたちまちましたポイント稼ぎ目当ての買い物をしだすのアホらしいですね。5%の利率なんて誤差ですわ。

 

 

 ただどこか誉めてあげないとかわいそうなので。

 

このカード、外観はかっこいいです。プラスチックではなくて、チタン?なのかなあ。

 

 

f:id:beerlovelove:20170726013420j:plain

 

 カード番号が表ではなく、裏に印字されます。色もグレーシルバーで色気あります。